FC2ブログ
2018. 10. 12  
ブラザーの刺しゅうプロとミシン「イノヴィス」を使用してバッグ型ポーチを作りました。

自分の好きな絵や写真を刺しゅうデータに出来る刺しゅうプロを使用してオリジナルの刺しゅうデータを作りました。
初めて刺しゅうプロを使用する方々ばかりでしたが、簡単な形を組み合わせるだけで、とてもかわいい刺しゅうデータが完成します。

IMG_7847.jpg


作成したオリジナルの刺しゅうデータをミシンの画面上で好きなように並べて刺しゅうしました。
こんなに簡単にオリジナルの生地が出来るんだ!と皆さんと驚いていましたよ♪

IMG_7848ssfrhe.jpg

皆さんそれぞれ個性的な素敵なポーチが完成しました。

IMG_7849.jpg


IMG_7851.jpg


IMG_7852.jpg


IMG_7853.jpg

ブラザーの「クラフト日和」には講習案内や手作り情報がいっぱいのっていますよ~

2018. 10. 12  
6回コースのキルト塾も今回で第43期は終了です。
勤勉な皆勤賞の皆さんにはヴォーグ社から便利なキルトノートをいただきました。

IMG_7903.jpg

早速、前回に引き続き「大型タウンバッグ」の完成を目指しました。

先生が持ってきた完成品のサンプル2色がとっても大人カラーで素敵です。
小旅行に最敵なサイズですね。
みなさん早く完成させたい!と意欲がフツフツと湧いてましたよ!

IMG_7900.jpg


今回の作品はカチッとはせず、あえてクタっとした柔らかい感じを出していますが、
かぶせ型の蓋は革と芯をしっかりと貼り、本体と金具でかっこよく留めます。
この蓋にはたくさんの革が必要で、準備がとても大変だったそうです。

まずは芯を型通りにカット。皆さんとても真剣です。

IMG_7915.jpg

カットした芯を一回り大きくカットされた革の上に強力糊で貼ります。

IMG_7917.jpg

周りを織り込んで、きれいに整形します。コーナー部分は革が重なるので、革すきもしました。

IMG_7923.jpg

中に空気が入ったり、しわにならないようにガラス板でならしていきます。

IMG_7920.jpg

そしてミシンでまわりにステッチをかけていきました。とても難しくみなさん緊張の中での作業でした。

バッグ作りは体力がいりますね~

蓋の後ろを金具で留めます。
ダールでメッキされた金具が本当にかっこいい!

IMG_7912.jpg

ホックにはロウを塗ると取り外しが楽になります。

IMG_7905.jpg

IMG_7904.jpg


持ち手には芯としてPPテープを使用するなど、毎回おもしろいテクニックが盛りだくさんです。


IMG_7921.jpg

山形出身の生徒さんがマスカットを差し入れてくれました。
とっても甘くて本当においしかったです!ありがとうございました。

IMG_7926.jpg

IMG_7928.jpg

バッグに付ける前に補強用の金具もちゃんと付いています。
見えない部分にもしっかりと手を加えているんですね。

IMG_7927.jpg


先生の発想はどうやって生まれるのか不思議ですが、
先生は、
「感性は個々によって違うので、それを人に教えるのはムリですが、いかに皆さんに作り方をわかりやすく教えるかが
私の使命だと思っています。
どうやって作るのかイメージしながら作っていく事を学んで欲しい。」
とおっしゃられていました。

そしてこちらが、今期のお宝☆皆さんの作品達です。
どれもこれも思い入れの入った貴重な作品ですね。
スタイリッシュでかっこいい!

IMG_7929.jpg


今月からまた第44期キルト塾(6回コース)がスタートします。
ご興味のある方は日本ヴォーグ社にて受付をしておりますので、お問合せください。

〒164-8705
東京都中野区弥生町5丁目6番11号 3階
株式会社日本ヴォーグ社 キルト塾 事務局
TEL:03-3383-0613 FAX:03-3383-0614


先生の頭の中ではすでに数々のバッグが完成されているんでしょうねー。楽しみです♪
2018. 09. 07  
先日、東京の日本ヴォーグ社にて上田葉子先生の「オシャレな力学的ストレス軽減バッグ」が開催されました。

キルトジャパンにて連載されてる「心と体を健やかに楽しむハンドメイド」で紹介されたバッグを作りました。
(株)ブラザーからCOMPAL1500Qを一人1台づつ用意していただき、広々とした会場で行われまいした。

IMG_7827.jpg


この日は台風21号が接近中のため、少し早めの終了ということで、さっそく作り方の説明をスタート。

IMG_7812d.jpg


とてもきれいなブルーの組み合わせのキットと優しいピンクが素敵なキットの2つから選択できました。

IMG_7818.jpg

IMG_7819.jpg

綿が入るのでウォーキングフット(上送り押さえ)をつかって、ヨレを防ぎながら繋ぎ合わせていきました。
ミシンの針位置をあらかじめ端から8mmに設定しておけば、まっすぐきれいに縫えるのでとても便利なミシンです。
使用方法もとても簡単。

IMG_7817.jpg

ワイドテーブルも付いているので、手元が広々と使えます。

IMG_7830.jpg

取り外し可能なストラップは理学療法士の方に一人一人の歩き方や立ち方などをチェックしてもらい、自分に合う長さで作りました。
同時に肩こり腰痛改善方法、疲れにくい作業姿勢、ストレッチなども教えていただき、皆さんストレッチしながら作業していらっしゃいました。

IMG_7823.jpg


講習会では、誌面だけではわからないコツやアドバイスが聞けるのでいいですね♪
2018. 09. 07  
今期は1か月置きのバッグ道場ですが、あっという間に2回目の今回。
キルテ塾と連日の講習ですが、先生の気合の入った今回の作品は「レザーウエストポーチ」です。

こちらも何年も前に先生が作成されたウエストポーチの型からバージョンアップしたものだそうですが、
以前のものとは思えない、今でも十分オシャレに使用できるウエストポーチですね。

IMG_7788.jpg

今回は何と言ってもオールレザー。
しかもマップ柄を転写したオリジナルの貴重な革なので、作業にも緊張感が漂います。
細かいパーツ類がいくつもあるので、なくさないのはもちろんの事、間違えずに下準備をしっかりしてから作っていきます。

IMG_7786.jpg


ビスロンファスナーは波をうったり、曲がったりしないように慎重に縫っていきました。

IMG_7792.jpg


IMG_7790.jpg


1枚革で柔らかく軽いグレードの高い魅力的なボディバッグ。
先生の説明を皆さんしっかりと細かくメモをしていらっしゃいました。
キルトでも使用されるテクニックなども入っているので、とても勉強になります。

貴重なレザーでオプションのミニポーチ。マップレザーをアップリケした携帯も入る便利なポーチです。
うちの番犬(?)ランちゃんのお気に入りです(^^♪

IMG_7833.jpg


2018. 08. 31  
根木先生によるキルト塾第43期 5回目が日本ヴォーグ社にて行われました。

今回は先生が2006年に制作したタウンバッグと同じ型のバージョンアップした「大型タウンバッグ」。
5回目とラスト6回目の2回講習で時間をかけて丁寧に作ります。

こちらは最初に作ったものですが、パワーネットを燃やしてコラージュしたり、レザーをはめ込んだり、ハスクバーナミシンの3点ジグザグステッチを使用して表情を付けたり・・・・と以前から手の込んだ、面白い発想の作品を先生は作っていたんですね~。凄い!
そんな12年も前のバッグでも古さを感じず、今また新しい素材でアレンジして作ることができるのは、しっかりとした型が今でも残っているからなんですね。

IMG_7771.jpg

色はブラウンとグリーンの2色から予め選択。
どっちもシックで素敵ですね。
コーティングしてあるビニコの生地は場合によって白くなってしまうため、裏のツイード調を表として使います。

IMG_7773.jpg

サイドにはポケットが付きますが、お洒落なタウンバッグには決してペットボトルなんて入れないでください(笑)

IMG_7774.jpg

中の革を少しだけ立ち上げて見せるのがポイント。
#5の金具をハンドプレスで付けます。

IMG_7777.jpg

型が崩れないようにしっかりとしつけをします。
最初に一気にしつけをしておけば、後の作業がスムーズに進みます。
焦ってやると、結局やり直すことになります。
「急がば回れ」ですね。

IMG_7776.jpg

IMG_7775.jpg

角の革は折り曲げるため、革すきをしておきます。
慣れている先生はやはり早い!

IMG_7778.jpg

オプションのタッセルもバッグに合わせて作ります。
珍しい黒のタッセルがかっこいいです。
細かくて少し不安定な作業のため、ケガをしないよう十分に注意をしてから行うようにと先生からやり方を伝授。


IMG_7780.jpg

小さな穴に力を入れてドライバーを回すため、滑ってしまい持っている手を傷つけてしまう事があるそうですので、
しっかり押さえてゆっくりと押していきます。

IMG_7781.jpg


前回、オプションで販売されたいたインポートのボーダーバッグを完成された生徒さんがトータルコーディネートでとっても素敵に持っていらっしゃいました。
軽くてたっぷり入るバッグは折りたたむこともできるので、セカンドバッグとして持っていても便利です。

IMG_7770df.jpg


こちらのバッグの講習を弊社でも9月26日に行いますので、ぜひこの機会に根木先生デザインのバッグを一緒に作りましょう(^^♪
お問い合わせは弊社まで。→講習案内
プロフィール

ハセガワミシン

Author:ハセガワミシン
店長のブログへようこそ!
ミシンのことや日々の出来事を綴っていきます。

最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR