2018. 03. 13  
今回の根木先生のキルト塾はロータリーカッターの刃をウェーブにカット出来る刃に交換したり、丸くカットできる
サークルカッターを使用した作品です。

革やフェルトの素材を丸くカットして、パーツとしておしゃれにデザインしたバッグやポーチを作りました。
サークルにカットするためのコンパスのようになったカッターが販売されていますので、
お好きな内径を決めて、クルリとカットします。
慣れるまで少し練習します。

img_0.jpg

いろんな革も販売。
たくさんなくても少しあれば、楽しめますね。

IMG_5923s.jpg

大小のサークルを並べてデザインしていきます。

IMG_5917s.jpg

この円のふちをカクカクにならないようにきれいに縫うのが大変!
とてもテクニックが必要になります。
この時、先が短い抑え金を使用するとよりカーブしやすくなりますよ。(SRC20)

IMG_5918s.jpg

それと同時にロータリーカッターの刃を波のようにカットできるウェーブカッターに交換し、
革をカットします。
花型にカットされたレザーなどを組み合わせてチャームを作りました。

IMG_5929s.jpg

IMG_5928d.jpg

オプションで販売されていたレザーフラワーとハート。
色を変えて、いろんなものに付けて楽しめそうですね。

IMG_5920d.jpg

ハートは2枚合わせて中に少し綿を入れふっくらさせます。
入れすぎると不格好になるので、適度な量で。

IMG_5909d.jpg

ショルダーバッグの紐に使用した親子カンの紐の通し方を教えていただきました。
あまり使用しない親子カンですが、使い方を知っていると何かと便利です。

IMG_5935d.jpg

親子カンを使うと紐の2色使いがとても効いてきます。
少し太目な紐やあまり市販で見ないカラーの色の紐も販売されていました。
なかなか手に入りづらい物も塾生には特別に販売してもらえるので、うれしいですね。

IMG_5922d.jpg

先生が今回持っていたバッグ。
革にもともと開いている穴をそのままデザインとして取り入れた斬新なデザイン!さすがです。
土台布を長方形にカットして縫えば完成よ~とおっしゃっていましたが、一つ一つのパーツに
しっかりと先生のこだわりが入っています。
材料が周りに溢れていて、サッと思いついたものが作れるのはうらやましい限りです。

IMG_5932s.jpg

今月は先生のスペシャル講習も開かれます。
詳しくは→日本ヴォーグ社
2018. 03. 05  
ハスクバーナミシンを使って、お好きなイニシャルをアップリケ刺しゅうして
刺し子ミシンのステッチを入れた立つペンケースを作りました。

刺し子ミシンを使うのが初めての方もいらっしゃいましたが、
フットコントローラーを踏むだけで、手縫い風のステッチが出来上がる
とても簡単なミシンなので、みなさん便利ねーととても喜んでいらっしゃいましたよ。

IMG_5958n.jpg

これだけやるだけでも手でチクチク・・・・だとすごく時間がかかりますが、
刺し子ミシンならほんの数分。

IMG_5959b.jpg

アップリケ刺しゅうを入れて、素敵なペンケースが完成しましたよ。

IMG_5960b.jpg

IMG_5962b.jpg



2018. 02. 20  
ハスクバーナミシンの刺しゅう#168のデザインを使って、とても便利な3WAYポシェットをつくりました。

まずはお好きなデザインを選び、バッグのメインとなる蓋部分に刺しゅうをします。

IMG_5889d.jpg

刺しゅうに少し時間がかかるため、刺しゅう機を動かしたまま中袋などを職業用ミシンを使って
作っていました。

仕立てに思ったほど時間はかからず、皆さん早めに完成できましたよ。

IMG_5891s.jpg

IMG_5896s.jpg

IMG_5892s.jpg

IMG_5894s.jpg


デザインを変えたり、同じデザインでも色を変えるだけで全然違うタイプのバッグに出来上がり、
それぞれとても素敵なバッグが出来上がりました!

こちらの講習会、もう一度3月5日(月)にも行われます。
まだ若干空きがございますので、ご興味のある方はお早めに弊社へお電話で
ご連絡ください。


2018. 01. 18  
新年初の根木先生の「キルト塾」(4回目)は イタリアの布を使ったバンブーピンタックバッグです。

IMG_5741d.jpg

最近は、先生のところへメーカー側から面白い生地を提案されることもあるそうで、今回も
イタリア製の素敵な生地で先生なら素敵なバッグに出来るだろう・・・と持ち込まれた生地だそうですが、
さすが先生、ブティックに売っているようなとても素敵なバッグに仕上がっています。

この生地をただバッグの表に使うだけではないところが、先生のセンスが光ります
部分的にビーズをのせ、革をアップリケしています。


アップリケの革やビーズはやみくもにつけるのではなく、ちゃんと計算されデザインを考えた付け方になっています。

IMG_5744d.jpg

アップリケする革をカットし、配置していきます。

IMG_5743d.jpg

のせすぎてもいけないし、偏りすぎてもいけないので、先生が確認しながら進めていきます。

IMG_5761g.jpg

ビーズを付ける刺しゅう糸はデンタルフロスの糸を細くしたものだそうですよ。
とても強くてしっかりした糸です。

IMG_5742g.jpg

IMG_5738f.jpg

この真鍮のアクセサリーは今回の講習で全部終了したそうですが、
先生のほかの作品にも使われていて、とてもおしゃれで素敵です。
先生のキットは本当に希少価値の高いパーツ類もいっぱい入っていますよ。

IMG_5762f.jpg

教材に関して、今年はキット化にするのを控えめにして、なるべく生徒さん方に自分でカットなどをしてもらう
ことにしたそうです。その方が、腕も上がり、自分で考えデザインできるようになりますよね。
なので、今回はファスナー部分につける革を各自で型抜きしました。

IMG_5763g.jpg

型抜きがあれば、自分の好きな形にジッパータグが作れますね。
フリーファスナーもマスターすることで、どんな長さでも対応できるのでとても便利です。

IMG_5765n.jpg

作り方を一から説明してくれました。ベテランの生徒さんもしっかりメモを取りながら聞いていましたよ。

IMG_5768f.jpg

バンブーの持ち手は丸カンと組み合わせますが、丸カンはペンチで開けます。
滑るのでしっかり押さえて効き手で曲げますが、この時にカン自体を傷つけないよう
ペンチに布を付けるなどして気を付けます。

IMG_5739d.jpg

サイドはピンタックの入ったポケットになっています。
このピンタックも先生が考えたオリジナルの技法です。

IMG_5749f.jpg

今月開催される東京国際キルトフェスティバルのステージにて根木先生が編み出した「クラッシュキルト」が
ワンポイントレッスンとして1月31日(水)12時~12時30分に開催されます。
ぜひ、生で先生のテクニックをご覧ください。
(期間中、先生のブースはBゾーンにございます。素敵な材料、キット等販売していますよ)





2017. 12. 19  
今年最後となった中嶌先生の講習会はハスクバーナのヤーンカウチング押さえを使用して立体的な刺しゅうを入れた
ベストを作りました。

中嶌先生の講習はいつも人気ですぐに満席となってしまいます。

IMG_5523d.jpg

毛糸などの太い糸を刺しゅうしながら押さえていくという刺しゅうテクニックです。

IMG_5521d.jpg

IMG_5520e.jpg

お好きな位置に刺しゅうを入れたら、後はロックミシンで始末して
最後にボタンを付けます。
ボタンもミシンで付けられるんですよ!
慣れると簡単ですので、ぜひ、チャレンジしてみてください。

IMG_5527e.jpg

コートの中に着ても着ぶくれしない厚さで、ちょうどいいベストが完成しました。

IMG_5528e.jpg

IMG_5530f.jpg

中嶌先生の講習は2月からまたスタートです。
また来年もたくさんの方のご参加をお待ちしております。
プロフィール

ハセガワミシン

Author:ハセガワミシン
店長のブログへようこそ!
ミシンのことや日々の出来事を綴っていきます。

最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR