2018. 03. 13  
今回の根木先生のキルト塾はロータリーカッターの刃をウェーブにカット出来る刃に交換したり、丸くカットできる
サークルカッターを使用した作品です。

革やフェルトの素材を丸くカットして、パーツとしておしゃれにデザインしたバッグやポーチを作りました。
サークルにカットするためのコンパスのようになったカッターが販売されていますので、
お好きな内径を決めて、クルリとカットします。
慣れるまで少し練習します。

img_0.jpg

いろんな革も販売。
たくさんなくても少しあれば、楽しめますね。

IMG_5923s.jpg

大小のサークルを並べてデザインしていきます。

IMG_5917s.jpg

この円のふちをカクカクにならないようにきれいに縫うのが大変!
とてもテクニックが必要になります。
この時、先が短い抑え金を使用するとよりカーブしやすくなりますよ。(SRC20)

IMG_5918s.jpg

それと同時にロータリーカッターの刃を波のようにカットできるウェーブカッターに交換し、
革をカットします。
花型にカットされたレザーなどを組み合わせてチャームを作りました。

IMG_5929s.jpg

IMG_5928d.jpg

オプションで販売されていたレザーフラワーとハート。
色を変えて、いろんなものに付けて楽しめそうですね。

IMG_5920d.jpg

ハートは2枚合わせて中に少し綿を入れふっくらさせます。
入れすぎると不格好になるので、適度な量で。

IMG_5909d.jpg

ショルダーバッグの紐に使用した親子カンの紐の通し方を教えていただきました。
あまり使用しない親子カンですが、使い方を知っていると何かと便利です。

IMG_5935d.jpg

親子カンを使うと紐の2色使いがとても効いてきます。
少し太目な紐やあまり市販で見ないカラーの色の紐も販売されていました。
なかなか手に入りづらい物も塾生には特別に販売してもらえるので、うれしいですね。

IMG_5922d.jpg

先生が今回持っていたバッグ。
革にもともと開いている穴をそのままデザインとして取り入れた斬新なデザイン!さすがです。
土台布を長方形にカットして縫えば完成よ~とおっしゃっていましたが、一つ一つのパーツに
しっかりと先生のこだわりが入っています。
材料が周りに溢れていて、サッと思いついたものが作れるのはうらやましい限りです。

IMG_5932s.jpg

今月は先生のスペシャル講習も開かれます。
詳しくは→日本ヴォーグ社
NEXT Entry
ブラザーソーイングカレッジ1Day レッスン
NEW Topics
刺しゅう入りカーディコート
根木先生「キルト塾」第43期 2回目
ブラザーソーイングカレッジ1Day レッスン
ボディバッグ
フード付きAラインコート
プロフィール

ハセガワミシン

Author:ハセガワミシン
店長のブログへようこそ!
ミシンのことや日々の出来事を綴っていきます。

最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR