FC2ブログ
2018. 01. 18  
新年初の根木先生の「キルト塾」(4回目)は イタリアの布を使ったバンブーピンタックバッグです。

IMG_5741d.jpg

最近は、先生のところへメーカー側から面白い生地を提案されることもあるそうで、今回も
イタリア製の素敵な生地で先生なら素敵なバッグに出来るだろう・・・と持ち込まれた生地だそうですが、
さすが先生、ブティックに売っているようなとても素敵なバッグに仕上がっています。

この生地をただバッグの表に使うだけではないところが、先生のセンスが光ります
部分的にビーズをのせ、革をアップリケしています。


アップリケの革やビーズはやみくもにつけるのではなく、ちゃんと計算されデザインを考えた付け方になっています。

IMG_5744d.jpg

アップリケする革をカットし、配置していきます。

IMG_5743d.jpg

のせすぎてもいけないし、偏りすぎてもいけないので、先生が確認しながら進めていきます。

IMG_5761g.jpg

ビーズを付ける刺しゅう糸はデンタルフロスの糸を細くしたものだそうですよ。
とても強くてしっかりした糸です。

IMG_5742g.jpg

IMG_5738f.jpg

この真鍮のアクセサリーは今回の講習で全部終了したそうですが、
先生のほかの作品にも使われていて、とてもおしゃれで素敵です。
先生のキットは本当に希少価値の高いパーツ類もいっぱい入っていますよ。

IMG_5762f.jpg

教材に関して、今年はキット化にするのを控えめにして、なるべく生徒さん方に自分でカットなどをしてもらう
ことにしたそうです。その方が、腕も上がり、自分で考えデザインできるようになりますよね。
なので、今回はファスナー部分につける革を各自で型抜きしました。

IMG_5763g.jpg

型抜きがあれば、自分の好きな形にジッパータグが作れますね。
フリーファスナーもマスターすることで、どんな長さでも対応できるのでとても便利です。

IMG_5765n.jpg

作り方を一から説明してくれました。ベテランの生徒さんもしっかりメモを取りながら聞いていましたよ。

IMG_5768f.jpg

バンブーの持ち手は丸カンと組み合わせますが、丸カンはペンチで開けます。
滑るのでしっかり押さえて効き手で曲げますが、この時にカン自体を傷つけないよう
ペンチに布を付けるなどして気を付けます。

IMG_5739d.jpg

サイドはピンタックの入ったポケットになっています。
このピンタックも先生が考えたオリジナルの技法です。

IMG_5749f.jpg

今月開催される東京国際キルトフェスティバルのステージにて根木先生が編み出した「クラッシュキルト」が
ワンポイントレッスンとして1月31日(水)12時~12時30分に開催されます。
ぜひ、生で先生のテクニックをご覧ください。
(期間中、先生のブースはBゾーンにございます。素敵な材料、キット等販売していますよ)





NEXT Entry
3WAY ポシェット
NEW Topics
雑誌「コットンフレンド」のワークショップ
ブラザーソーイングカレッジ1Day レッスン
第43期キルト塾最終回
上田葉子先生のスペシャルワークショップ
根木先生のバッグ道場2回目
プロフィール

ハセガワミシン

Author:ハセガワミシン
店長のブログへようこそ!
ミシンのことや日々の出来事を綴っていきます。

最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR