2017. 11. 30  
「キルト塾」に続いて「バッグ道場」の今期最終回が行われました。

前回の作品「レザーボディバッグ」を完成された生徒さんが早速おしゃれに持っていらっしゃいましたよ。
かっこいい~。

IMG_5342q.jpg

バッグが完成してすぐにショッピングに行った際にお店の方から「素敵なバッグですね。○○(ブランド)のものですか?」
と声をかけられたそうですよ!
もちろん「自分で作った」と言ったら目を丸くして驚かれたそうです。
こういった嬉しいエピソードは俄然、皆さんのやる気がUPしますね!

先生が今回着ているコラージュされたデニムのシャツもまたかっこいい。
これが似合ってしまう先生もすごいですが、1つ1つのパーツが面白く、なんでもない
服もこんなにおしゃれにしてしまうなんて本当にすごいですよね。

IMG_535d8q.jpg

なかなか講習に参加したくても出来ない方や、自分では作れないーと嘆いている方に
朗報です!
1月25日~31日まで開催される「東京国際キルトフェスティバル」(東京ドーム)の先生のブースにて
キットはもちろん、完成品も販売されますので、お早めに気になる商品をゲットしてくださいね。

今回の「バッグ道場」の作品は、構想にとても時間がかかったとおっしゃられていましたが、
最終回にふさわしい「ネームタグ付きカモフラージュボストン」です。

カモフラージュプリントとチョコレートカラーのレザーを組み合わせた大き目のバッグですが、
中に仕切りがあり整理できる優れもの。この時期にピッタリで今すぐ持ちたいバッグです。

IMG_5349q.jpg


蓋の部分はひねりで止めるタイプで、革は自分でカットし、ギャザーをきれいに寄せてRのカーブを
出します。

IMG_5356.jpg

このカーブをきれいに出すのがとても大変ですが、皆さん頑張って作業されていました。
時間をかけて丁寧に仕上げてくださいと先生もおっしゃられていました。

IMG_5383q.jpg

IMG_5382q.jpg

皮革用ミシン針(DB×F2)を使用してステッチも斜めに入れています。
通常の針目(上)と皮革用ミシン針(下)

DSCN0197.jpg

細かいパーツがたくさんあるので、机の上をきれいにしてから順に確認作業をしていきます。
どれも貴重なものなので、なくさないように注意が必要です。

IMG_5362q.jpg

持ち手の皮も今回は自分でまっすぐに切る練習をしました。
ロータリーカッターを使い皮を上手に回しながらきれいなRにカットする練習もしました。

IMG_5366q.jpg

蓋のひねりをつける土台の皮はヘリ落としを使います。
カーブの部分を処理をすることでよりきれいなカーブがでます。
初めて使う方もたくさんいた「ヘリ落とし」。
うまく皮に食い込ませ、グッと押して皮を削り落とします。
力のいる作業ですが、みなさん頑張っていらっしゃいました。

IMG_5373q.jpg

IMG_5378q.jpg

削った後は、やすり(細かめ)で切り口を滑らかにしロウで落ち着かせます。

IMG_5372q.jpg

革は奥が深い!
パーツによっていろいろなテクニックが必要となり、学んでいくと
市販のバッグを見る目も変わりますね。
道具もたくさん必要となります。
消耗品もあるので、大変ですが各自が自分の道具をちゃんと持ってきて作業しています。

バッグについているネームタグも同様に「へり落とし」をして作っていきました。
こういった一つ一つをクリアしていくと自信がつきますね。

先ほどお伝えした「東京国際キルトフェスティバル」の最終日12時~
は先生のミニトークレッスンも行われます。
(株)ベビーロックの職業用ミシン「極」を使い、エナメルのクラッシュのテクニックが
ご覧になれますので、お見逃しなく!






プロフィール

ハセガワミシン

Author:ハセガワミシン
店長のブログへようこそ!
ミシンのことや日々の出来事を綴っていきます。

最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR