2014. 09. 18  
ブラザーミシンを使ってアクセサリーを利用したテクニック講習の3回目。
今回は毛糸やリボンをボビンに巻いてステッチをかけるとおもしろい模様が出来上がるボビンワークで
ティッシュケースを作りました。

まずは、土台のピースワーク。
生地をまっすぐにつないで、同じサイズにカットし向きを変えてつなぎ合わせます。

(お客様が、前回のロックミシン講習作品「サニーワンピース」を着て来てくださいました

bii.jpg

pii1.jpg

ボビンワークは裏を上にしてステッチをかけ、表に返すと下糸のリボンや毛糸が模様になっているというもの。
どんな風に仕上るかは、表を見るまでわからないので少しドキドキします。

pii2.jpg

ステッチによって、おもしろい模様になるので楽しいテクニックです。

pii3.jpg

ティッシュケースの周りはバイアステープで綺麗にくるんでいきます。

pii4.jpg

こんな素敵なオリジナルティッシュケースの完成です。

pii5.jpg

ブラザーのソーイングカレッジ「キルトの基本テクニック」講習が11月~2月(全4回)まで行われます。
詳しくは→「講習会案内
プロフィール

ハセガワミシン

Author:ハセガワミシン
店長のブログへようこそ!
ミシンのことや日々の出来事を綴っていきます。

最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR