FC2ブログ
2019. 07. 30  
梅雨明けし、ガンガン気温が上がって⤴ 夏本番です。
クーラーの効いた室内ばかりにいると、少し外に出て移動するだけでグッタリします。
そんな中、夏のイベントも続々開催。

今回のキルト塾は夏のイベント「花火大会」にモッテコイ!の信玄袋を作りました。

昔ながらの和布を使った信玄袋ではなく、現代風の素材を使って作るところが先生のアイデア✨
この日は隅田川花火大会の日。
講習中に1個は完成し、出来立てホヤホヤの信玄袋を持って見に行けるよう、皆さんいつも以上に気合いを入れてスタートしました。

と・・・いつも通り、講習中の作業風景の写真をUPしたかったのですが・・・
すみません、なぜか完成品以外のデーターが全てないー😢

信玄袋には紐を通す部分がありますが、今回、こちらは「Pコキ」と呼ばれるコキの使い方を学びました。
説明をしっかり聞いて、実体験することで記憶するのも勉強と、今回から動画は撮らないこととなりました。

pkoki


kokiki.jpg

違うところから写真ですが・・・・
このように、余分な釘をリッパーでカットして、金槌で打ち付け表面を平らにします。
手で触ったときに引っ掛かりのないようにきれいに仕上げるのがコツです。
現在、市販品で売られているバッグ類の金具は少しでも引っ掛かりがあると販売できないそうで、とても厳しいチェックがあるそうです。


IMG_0595.jpg


今回のオシャレな信玄袋にはオックスとデニム素材が使われています。
外がしっかりとしているので、中袋は柔らかいクーパーという生地を使用。
この撥水加工のナイロン素材には柔らかい「クーパー」ともう少し厚みのあるしっかりとした「アイルトン」があります。
中袋を綿にすると汚れなどが気になるので、先生の作品はこちらの物を使い分けているそうです。
色もたくさんあるので、中袋でオシャレを楽しむことができますね。

IMG_0163s.jpg

IMG_0596koi.jpg


現代風の信玄袋。
皆さん、頑張って1個、早い人は2個完成されていました♪

IMG_0591koi.jpg

mkoji (2)

こちらは迷彩柄を使ったもの。
男性も持てそうですね。

mkoji (1)

2019. 07. 09  
(株)ベビーロックから販売されている職業用ミシン「極」9600LSを使って、人気のビニール素材のバッグを作りました。

(株)ベビーロックのアドバイザーがミシンの使い方を一から説明してくれました。
#30の太めのバッグ糸を使用し、ビニールなので滑りの良いテフロン押さえにしてから縫っていきました。

IMG_0445g.jpg

革と同じで、縫ってしまうと穴が開いてしまうので失敗できません。
透明なので、縫い目も気になるところです。

IMG_0446g.jpg

そして、一番の難関、底を楕円に縫うところは大変そうでしたが、みなさん脱線せずきれいに縫う事ができました♪

IMG_0448g.jpg

ご自宅からペットの猫の写真を持ってこられたお客様は持ち手を止める部分に写真を入れていました。
スケルトンならではの楽しみ方ですね。

IMG_0451a.jpg

そして、セットのシャカシャカポーチ。

ポーチに間にいろいろなパーツを好きなだけ入れていきました。
何を入れようか、どんな風になるのかとても楽しい瞬間です。

IMG_0453g.jpg

中に入れるものによって、それぞれ違うポーチになりました。
キラキラと動かすたびに、中のパーツが移動してとても綺麗です。

IMG_0454a.jpg

こちらは先生が講習とは別に作られたバッグ。
ちょっと出かけるときにちょうどいいサイズのバッグです。
中に柄物の巾着なんか入れるとまた楽しいですね。

IMG_0441a.jpg

今後も(株)ベビーロックのアドバイザーさんによる職業用ミシンの講習会を予定しております。(確定次第ご案内いたします。)
職業用ミシンをお持ちでない方も是非、ご参加ください。
2019. 07. 09  
根木先生による「バッグ道場」の13回目が今年も開催されました。
場所は浅草橋にある(株)ベビーロック東京支店。

キルト塾に続き、また凄い素材やデザイン、アイデアを盛り込んだ作品が展開され、ワクワクします。

1回目は「デニムトート&ポシェット」
黒子の型押しグラデーションエナメルレザーをデニムと合わせたポシェット&トート。
このエナメルレザーの色がまたかっこいい!

IMG_0428g.jpg

端(コバ)も1つ1つ塗ってきれいに処理します。こだわりを持って作れば愛情の籠った大事なバッグになります。

IMG_0431s.jpg

かっこいいこの革を縫うのは大変です。穴が開いてしまうので、失敗は許されません。
慎重に、慎重に・・・

IMG_0433a.jpg

縫い目が美しくないので返し縫いはせず、後ろで糸を処理します。

IMG_0434g.jpg

出来上がるとこんな素敵なポシェットになります。皆さん、早く欲しい!と張り切ってました。
先生のブランド名「ABEILLE」のタグを付き。

IMG_0438g.jpg

トートバッグは生地の重なりが多くなりますが、職業用ミシン針18番でしっかりと縫っていきました。

中生地に使うアイルトンの色がまた鮮やかなイエローで、こちらもとても良い素材です。
配色も先生ならではで、とてもお洒落です。

IMG_0432s.jpg

キルト塾とバッグ道場だけでも大変だと思いますが、必ずサブレッスンの小物も用意されていて、
そのアイデアは本当にどこから来るのでしょう・・・と不思議に思います(笑)

今回ももちろん用意されていたキーホルダー。
ただ、こちらはとてもテクニックが必要なキットなので、自信のある方のみ限定(笑)

IMG_0439a.jpg

材料やほかの小さなキットなど、毎回、レッスンとは別に大阪から用意してくださいますが、
あっという間になくなってしまいます・・・
なかなか同じものを探すのは大変なので、皆さんある時に一気に購入していかれます。
先に手に入れられるのはレッスン生の特権ですが、先生が参加されるイベント等でも販売しています♪
2019. 07. 02  
根木先生のキルト塾 第45期3回目が行われました。

前回に引き続き「モノトーンタウンバッグ」
ビーズやネット、ボタンなどをコラージュしたとても素敵なバッグです。
モノトーンのファッションにピッタリの大人ななバッグですね!

IMG_0404g.jpg

サイドはネットを使用し、見た目よりも軽い仕上がりで、これからの季節にピッタリです。

IMG_0414d.jpg

コラージュするボタンの上にはさらにたくさんのパーツをコラージュしてのせていきます。
各自がご自宅からお宝パーツを持ってきて、試行錯誤しながらコラージュボタンを作っていきます。
先生に時々確認してもらいながら、無駄なもの、のせた方が華やかになるものを計算していきました。
大変ですが、この時間がとても楽しいですよね。

IMG_0415f.jpg

IMG_0411d.jpg

そして、こちらの強力ボンドでしっかりと固定。

IMG_0416d.jpg


メインになる部分なので、しっかりとしつけし、位置確認をしておきます。
革なので、待ち針は使用せず、テープで固定。

IMG_0422s.jpg

ボタンを傷つけないように注意しながら縫っていきます。

IMG_0423a.jpg

一つ一つが貴重なパーツや素材を使っているので、緊張しますが、
早く持ちたいという一心でみなさん頑張っていらっしゃいます。

今までの作品も持っていると、「どこで買ったの?」「すてきなバッグですね」等々、いろんなところで声をかけられたと皆さんがおっしゃっています♪
このバッグも声をかけられること間違いなしです。
2019. 07. 02  
(株)ベビーロックのロックミシンを使って、お洒落なカーディガンとチュニックを作りました。

最新のロックミシン「Sakura」は糸通しがとても簡単で、安定していて縫い目がとても綺麗です。

IMG_0386s.jpg

午前中にカーディガンを仕上げ、午後からはチュニックを作りました。

裾はカバーステッチ仕上げ、襟元と袖口は3つ巻きバインダーを使ってより市販品のようなきれいな仕上がりにします。

IMG_0387s.jpg

sege.png

UVカットのカーディガンは襟元で生地がたまるようになっている面白いデザインです。
(株)ベビーロックのアドバイザーが考え出したパターンです♪さすが!

1日で2着も作れるお得な講習会。
着ていらしたかのように、お客様にピッタリ!
このまま帰ってもいいのでは?と話していました(笑)

IMG_0392s.jpg

今後もアドバイザーによる講習会を行っていきますので、ぜひご参加ください。

プロフィール

ハセガワミシン

Author:ハセガワミシン
店長のブログへようこそ!
ミシンのことや日々の出来事を綴っていきます。

最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR